アカシックリーディングとは?

 

 

 

 

宇宙には、個々の魂の創造の瞬間からの全ての活動が記録されている巨大なデータバンクがあります。

 

そこがアカシャです。アカシャとは5000年前のサンスクリット語で宇宙という意味です。

 

アカシャにある記録をアカシックレコードと呼びます。

 

アカシックレコード刻まれているのは、個々の魂の地球上での輪廻転生の記録(過去生・未来生)だけでなく、地球以外の星での活動記録など、すべての記録があります。

 

個々の魂は、時間や空間(場所)に対する制約がありません。

 

たとえば、今の自分の人生の1つ前の過去生が5世紀のエジプト人男性であったとしても、2つ前の過去生が更に前の時代とは限らず、11世紀のイタリア人女性という具合です。

 

また、1つ1つの転生のテーマといったものもアカシャには記録されています。

 

人間の記録だけに限らず、動物、植物、鉱物など、あらゆるもののデータが含まれていますが、そこには「善悪」といった判定基準は一切ありません。

 

アカシャにアクセスして情報をお伝えすることを、アカシックリーディングと言います。

 

アカシックリーディングは、インターネット検索に例えられます。

 

ネット検索で宇宙図書館にある情報を受け取ること、という言い方だとわかりやすいかもしれません。

 

今後の(未来の)情報に関しては、今の段階で、最も起こり得る可能性の高いものから順番に情報がやってきます。

 

アカシャからの情報は、今まで自分が思い込んできた考え方、物事のとらえ方を大きく変えていきます。

 

また、ご自分を深い部分で理解し、とらわれていた考えから解放し、一歩先に進ませていく手助けになるものだと思います。